toggle
2017-07-19

マヤ暦プチ講座 1マヤ暦占星術と刻印


マヤ暦占星術について書かせていただくことも多いのですが、
わかりやすくまとめて欲しいというメッセージをいただきました。
プチ講座にしてみました。

 

マヤ暦占星術 プチ講座 <1>

 

マヤ暦占星術とは

さかのぼること4、5千年、
今のメキシコ・グアテマラ・ホンジュラスといったあたりに繁栄したマヤ文明。
そのマヤの先住民たちが使っていた暦のことです。


マヤの先住民たちは、

今の時代に負けないほどの高度なテクノロジーを持ち、
その正確な天体観測の知識から、
精密な暦をいくつも作りあげていたと言われています。

彼らは、全部で17種類もの暦を使い分けていたと言われていますが、

中でも特に、1つの 周期を260 日とする
「ツォルキン(神聖暦)」と呼ばれる暦は、


古代マヤの神官が使用していた神聖な暦として知られています。

そして、その「ツォルキン(神聖暦)」を使った

マヤ暦占星術には、たくさんの神秘がつまっています。

 

マヤ暦占星術を知ると、
自分の生まれ持った特性やキャラクターがわかり、
生まれてきた理由や人生でのミッション(使命)も知ることができます。
 

マヤ暦占星術は、宇宙を流れる時間とつながるものです。
宇宙の流れを意識して生活することで、
たくさんのシンクロニシティが起きはじめます。

 

「刻印」

 

刻印とは

宇宙にオーダーすること
・決意すること
・誓言すること

 

*マヤ暦占星術では何度も出てくる言葉です。
しっかり覚えてうまく使っていってくださいね。

 

無料メールレッスン
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です