toggle
2017-07-20

マヤ暦プチ講座 2 ツォルキン暦(神聖暦)とは


マヤ暦占星術 プチ講座 <2>

 

ツォルキン暦(神聖暦)とは

ツォルキン暦は
13×20の260を周期とした暦(カレンダー)です。
17種類ほどの暦を使い分けていたマヤの中でも、
神官など特別な人だけが使うことを許されていた、神聖な暦でした。

 

 

 

なぜ、13と20なのか?

古代マヤでは13は神聖な数字とされていました。
天上界には13の層があると考えていたのです。

さらに、地球の公転周期と月の公転周期の関係、
それは1年に13回の周期になっているというようなことなどから、
<宇宙の定数>だと考えていました。

 

一方、
20進法が使われていたということもありますが、
20という数字は不思議と人間とも関係のある数字なのです。

手足の指の数、
人体に必要とされる必須アミノ酸の種類、
などなど・・・

 

そこで20は<生命の定数>と考えられています。

 

 

13×20の暦は
宇宙や自然の流れと人体とが調和した暦なのです。

 

無料メールレッスン
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です