toggle
2017-07-21

マヤ暦占星術 プチ講座 3 KIN(キン)


マヤ暦占星術 プチ講座 <3>

 

KIN(キン)とは

1日の単位や星といったものを表すマヤの言葉。
生まれてくるときに、自分自身で決めてきた、
魂のIDナンバーです。

 

生年月日から算出します。
KIN(キン)は変えられないもので、宿命ともいえます。

ツォルキンのひとつひとつで、1〜260まであります。

 

<特別なKIN>

『黒KIN』
ツォルキン260の中で52コ。
宇宙のエネルギーが通常よりも強くふりそそぐので、
良くも悪くも変動が起こりやすいと言われている日です。
個人的には、生き方や在り方が大きく影響するので注意が必要です。

黒KINはGAPキンとも言われます。
Galatic    宇宙の
Activation 活性化する
Portal   正門

「宇宙の大きな門が開いてエネルギーが降り注いでいる日」ということですね。


『絶対拡張KIN』

ツォルキン260の中で13コ。
19日に1度巡ってくる幸運な日。
物事が大きく飛躍・発展するパワーがある日なので刻印にふさわしい日です。


『極性KIN』

ツォルキン260の中で16コ。
「絶対拡張KIN」と同じく、物事を大きく飛躍・発展させるパワーがある日です。
違いは、「絶対拡張KIN」は広く。「極性KIN」は深く。

「絶対拡張KIN」は目標や願望など刻印したことを広げるパワー。
「極性KIN」は極めたことが広がるパワー。
と考えると少しは違いがわかりやすいでしょうか。

 

『鏡の向こうKIN』(261ー自分のKIN=鏡の向こうKIN)
前世の自分が持っていたとされるKIN。
なかなかこのKINを持つ人と出会うことはなく、出会うと宇宙からの祝福だと言われています。
今の生き方、在り方、方向性が間違っていないという印です。

 

『鏡の向こうKINの日』(カレンダーで巡ってくるとき)
宇宙からの祝福がある日。
求めているものや願望が現実化しやすい日。
260日に1度しか巡ってこない幸運日。


『絶対反対KIN』
(自分のKINが130より大きければ130を引き、130以下であれば130を足す)

自分と全く違うものを持っている人が持つKIN。
出会ったタイミングが、これから変化の時だということ。
良い方向へさらにシフトアップするか、方向性を改める時か。


『絶対反対KINの日』

人生を見つめ直す日。
自分の生き方を振り返り、方向転換をさせられることもある。

 

無料メールレッスン
関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です