toggle
2019-02-05

青い夜と新月


昨日は「立春」でしたね。

 

 

ご存知のように

「立春」とは

二十四節気の一つで

もともと中国で考案された

1年を24の区分に分けたものです。

 

発祥の地中国内陸部では

このころから気温が上がり始めるようですが

海に囲まれた日本では

<春とは名ばかり>な寒さのピーク!を迎える頃となりますね。

 

とはいえ・・・

「立春」と聞くと

気分だけでも暖かい感じで

やっぱりウキウキします。

 

日本でも暖かい地域では

梅の開花の頃となりますし

沖縄では桜も見頃でしょうか。

 

 

 

 

また、二十四節気の始まりで

この日から春が始まるということで

『新年』ともされています。

 

マヤ暦のツォルキンの新しいサイクルの始まりは昨年の10月でした。

2019年のスタートは先月。

 

新しい年の【刻印】【目標設定】していない!!と

残念に思っていた方

チャンスです!

 

何事も決めること・スタートすることに遅すぎるということはありませんから。

 

今日、これからの自分のこと考えてみませんか?

 

今日はマヤ暦のツォルキンでも

<夢>をテーマにもつ「青い夜」が太陽の紋章に巡って来ています。

 

自分も、そして、周りの人も

みんなが笑顔になれること考えると

happyが引き寄せられますよ。

 

無料メールレッスン
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です