toggle
2016-12-17

おせち作りますか?


御節料理

読んで字のごとく。でしょうか。
元々は節の時に作られていたもので、今のような形になったのは
江戸時代。武家の作法が中心になって形作られたものだとか・・・

以前は家庭で作るのが当たり前。
買い出しに始まり、こどもたちにも役割が与えられ、
私は毎年栗きんとんを作る係でした。

それぞれのご家庭で独自のものが加わったり
楽しいお正月を迎える準備のときでした。

最近では、お店で買ったものであったり、
それさえもせず、お正月といってもいつもと変わらない食事という若者もいるかもしれませんね。

おせち料理に使われる食材も、ひとつづつ意味があります。
そういうことも、お料理とともに家庭で伝えていけるといいですよね。

img_8799

友人がしているお料理教室で「1時間半でできるおせち料理」
というのがあって参加しました。

もちろん!「1時間半」に惹かれたのですけど。

写真のようなお料理が説明をしながらであっても
確かに2時間弱で完成しました。

手際の良さもさることながら、イチバンは準備。

前もって食材、調味料、使用する機材
全てをきちんと準備しておくのです。

以前、大掃除の時に触れたことと同じ。
全ての成功は準備にかかっている。ということです。

何においても同じことが言えます。
試験も、競技も

結婚生活も・・・

色々なこと考えたり、こどもと話をしたりしながら
おせち料理を作ってみるのもいいですよ。
今年、いかがですか?

無料メールレッスン
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です